子供の歯茎の腫れや出血を表参道の小児歯科で相談する

表参道には、乳歯期から永久歯への生え変わり期ぐらいまでの子供の口の中の健康について相談を受け付けている小児歯科のクリニックがあります。
表参道の小児歯科クリニックでは、年代に合わせた健康や予防のための指導をしています。



低年齢のうちは保護者による歯磨きの仕上げ磨きが必須ですが、仕上げ磨きをしていて歯茎の出血や腫れを見つけることがあります。子供の場合、発熱やいろいろな感染症の症状が口の中の腫れとして現れることもありますが、多いのはやはりプラークの蓄積による歯肉炎です。
歯肉炎は、細菌の集団であるプラークによって歯肉に炎症が起きたものです。


放置すると歯周病につながってしまうのでプラークを効率よく摂り除くことが大切です。

日本経済新聞について分かりやすくまとめてあります。

表参道の小児歯科クリニックでは、保護者の方を対象にした仕上げ磨きの指導をしています。

仕上げ磨きと一口に言っても、歯の形や歯並びは一人ずつ違うので適した磨き方も違ってきます。
表参道の小児歯科クリニックでは、プラークの染め出し液を使っていつもの仕上げ磨きで磨き残しができやすい部分をチェックし、歯ブラシの使い方やフロス、歯間ブラシといった補助具の正しい使い方や選び方も教えてもらえます。



また子供の歯茎の出血は、歯が生えてくる時にも起こることがあります。特に永久歯の臼歯は生え終わるのに時間がかかります。
その間、生えかけの歯に歯肉がかぶさって汚れが溜まりやすくなり炎症や出血が起こりやすくなります。
表参道の小児歯科では、年代別のチェックポイントや生活習慣上の注意点などを教えてもらえます。