生活の中で起こる水のトラブルといえば、水漏れと排水の問題です。

蛇口の締まりが悪くなる程度であれば急ぐ必要はないと思いがちですが、最終的に全く水が止まらなくなると大惨事です。水道代がかさむ上に、修理代がかさむことになります。水のトラブルでは違和感を感じた時点で早期対応が肝要と言えます。蛇口を閉めても水が滴る、きちんと水が止まらないというのは良くあるトラブルです。ネジやナットの緩みで治るようであれば、手間を惜しまず閉めてみることをお勧めします。

パッキン自体が劣化して緩んでいる場合は、ホームセンターなどで備品を購入してDIYが可能です。ただし、パイプの付け根や設置壁面などからの水漏れは水道管自体の問題ですので、早めに水のトラブルに対応してくれる業者へ依頼する方が良いでしょう。下手に素人が手を出すと事態を悪化させる可能性があります。トイレや洗濯排水周りは、排水溝が詰まったことによる水漏れが多い場所です。

トイレのつまりはトイレットペーパーや生理用品やおもちゃなどを誤って流したことが原因であることが多いため、無理に流さずつまりを取り除くほうが良いです。水だけで流そうとすると、水が溢れて却って掃除の手間を増やします。洗濯機周りは埃やゴミがたまりやすい場所です。普段からこまめに掃除することで排水菅のつまりを予防できます。また、排水管へ直接流すタイプのつまり解消薬剤を定期的に散布するのも良いでしょう。薬剤の代わりに重曹とお酢を使っても効果的です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *