静岡に在住の方で、お台所の水漏れに困ってるケースもあるかもしれません。

水を使用するたびに、蛇口の周辺からチョロチョロと漏れ出す、ハンドルを閉めても、ポタポタと水が滴り落ちる。こんな症状が出たら、できるだけ迅速に水漏れ修理すべきです。そのまま放置すると、正常な他の水道設備にまでダメージが拡大しかねません。家庭内の水回りの中でも、お台所の蛇口は日常生活で使用頻度の高い部分の1つ。設置から10年以上経ると、大抵は劣化が進み、何らかのトラブルが発生しやすくなります。

例えばシングルレバーの蛇口であれば、レバー内のバルブカートリッジの劣化や、接合部分のパッキンの損耗などが考えられます。またツーハンドルの場合では、パッキンの劣化の他にも、ナットの緩みも原因として珍しくありません。パッキンの交換やナットの緩みを締め直す程度であれば、素人の方でも比較的簡単にメンテナンスが可能です。しかし構造の複雑なツーハンドルタイプや、部品の取り寄せが難しいバルブカートリッジの交換が必要な場合には、実績のある静岡の専門業者へ、水漏れ修理を依頼した方が無難です。

お台所ではシンク下の排水パイプや排水トラップでも、水トラブルがよく発生するゾーンとして知られます。排水パイプや排水トラップには、調理の過程で出る食材カスや食用油が固着し、蓄積すると腐食や亀裂した部分から、水漏れが発生します。こうなると排水パイプや排水トラップを、丸ごと交換しなければなりません。自信がなければ無理せずに、静岡で信頼できる専門業者へ、水漏れ修理の相談をおすすめします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *