ある日気が付いたら起こっているトラブルとして、蛇口やトイレからの水漏れがあります。

水道管が破裂したわけではないので、水道代が急激に高くなる心配はありませんが、それでもポタポタと水が落ちてくるのは気になるものです。慌てる必要はありませんが、そのまま放置していても自然に良くなることはなく、徐々に水漏れの量が増えていきますので、なるべく早く修理したほうが良いでしょう。水漏れ修理で大切なのは、まずどの箇所から水漏れが発生しているか特定し、原因を見つけることです。

素人でも可能なケースもありますが、最近の混合栓の蛇口は複雑な構造になってきており、うかつに手を出すことでかえってトラブルを大きくしてしまうこともあります。自信がないときは無理をせず、専門の修理会社に連絡を入れることをおすすめします。水漏れトラブルの修理費用は、原因によって大きく変わってきます。パッキンの交換程度であれば出張料と工賃が主な費用となるので、それほど高額とはなりませんが、蛇口そのものの交換となると、蛇口の種類にもよりますが少し高くなってしまいます。

平均すれば6、000~8、000円前後ですが、5、000円以下でできる場合も少なくありません。少しでも費用を安く抑えたい場合は、やはり自分で修理することが一番ですが、専門会社に依頼する場合は複数の会社から見積もりを取り、費用を比較してみるのも手です。特に、蛇口交換の場合は費用に差が出る可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *